精力は骨盤底筋PC筋トレーニングと専門クリニックで

骨盤底筋PC筋はペニスに血液を送るために非常に重要な役割を果たしている筋肉で、この筋肉が衰えるとペニスに血液が流れにくくなるので、EDなどになる可能性があります。また中高年になると骨盤底筋PC筋の筋力が低下するので、筋力トレーニングなどをして鍛えなければ精力が低下してしまいます。精力の低下を防いで骨盤底筋PC筋を鍛えるためにはスクワットなどの太腿の筋肉を鍛える運動をする必要があるので、1週間に2回程度スクワットは10回程度するだけで筋力を回復することができるので、無理のない範囲でスクワットを続けることで骨盤底筋PC筋を鍛えて精力を維持することができます。男性専門のクリニックではEDだけではなく、男性型脱毛症などの治療も行われているのですが、根本的な治療を受けるためには大学病院などで専門医の診察をうけることが必要で、一般的な男性専門クリニックでは簡単な問診をして薬の処方を受けるだけなので、根本的に治すことはできません。EDはストレスが原因となっていることが多いので、仕事などの疲れが癒えると正常なセックスができるようになりますが、長期間EDが続いてしまう場合には認知行動療法などによって、セックスに対する緊張感や不安をなくしていく治療をしなければなりません。認知行動療法は実際にセックスをするときの緊張感や不安などが根拠の無いことであることを認識させるための治療なので、一度完治するとEDが再発することはありません。性欲が低下している場合には筋肉を鍛えることで男性ホルモンの分泌を増やすことができるので、筋肉を増加させて成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を増やすことで、EDを予防することが可能になります。