前立腺疾患に陽子線治療が精力アップに効果あり

今の時代、【癌】で悩む方は少なくありません。しかし年々、医学の発展により治療効果が高まっているのも事実です。男性に関連する【癌】の中では前立腺の話題が比較的に多くあげられています。前立腺疾患をもつ患者のほとんどは【精力低下】を感じておられるのではないでしょうか。そのような患者に対して強力な効果が報告されている治療が研究されてるようです。それは【陽子線治療】を使った【癌】治療です。今、陽子線治療に関して精力的に研究を進めている施設は米国・カルフォルニアのロマリンダ大学陽子線治療センターです。陽子線の特徴は、もっともエネルギーが放出される位置(深度)が決まっていること。ある深度以上の深さには到達しないことなどがあげられています。今後の課題としては、【癌】の病巣の深さや広がりに合わせて陽子線の強力なエネルギーを制御できるような工夫が必要になってきます。陽子線のような距力なエネルギーをうまく活用できるようになれば、患部(病巣)に的確な線量を集中した照射治療ができるのです。また最近の動向としてはつぎのような取り組みが考えられています。それは前立腺癌に対して強力な陽子線治療をする際の保健適応をどうするのかという課題です。いくつかの保険会社では早期の前立腺癌における陽子線治療は、保険適応外という判断をされているようです。該当する理由には、いくつかあるようですが癌で悩む患者に変わりはありません。一人でも多くの癌患者を助けるために保険会社はもっと精力的に活動をすすめることを期待します。まだまだ研究段階の陽子線治療ですが、目の前にある課題をうまく解決し次世代の治療方法の一つになることを願います。費用的な面でも改善され、患者にとって選択しやすい治療法としておすすめできる時代がくることを願います。